大谷総業

お問い合わせ

単管足場SINGLE PIPE SCAFFOLD

単管足場とは
外径48.6mm×厚さ2.4mmの単管と呼ばれる鉄パイプを組み合わせて建てる足場のことです。パイプ同士はクランプ(金具)をかみ合わせ、ボルトを締めて接合します。小規模な工事の作業現場や狭いビル間での足場に多用されます。

特徴

建地間隔、床材の高さをある程度自由に決めることが出来るため、枠組足場等が設置出来ない箇所や本足場が設置出来ない箇所に使用される。また、枠組足場に比べて建地の座屈に対する抵抗力が小さく、組立て・解体作業に手間を要する。

パイプの長さの種類が豊富

各種サイズが豊富に取り揃えられていて、複雑な地形や規格外の箇所、足場の補助・補強にも活用する万能足場材です。

足場組立の基本

日本の建設現場において、古くから用いられてきた仮設資材は「丸太」でした。昭和20年代後半に丸太に替えて「鋼製のパイプ」が誕生し、同時に緊結部であるクランプが開発されました。現在でも技能検定試験の実技試験では、単管パイプとクランプを使って課題を組み立てます。

足場・特殊工事へ戻る